トヨクモの「いま」を届ける情報メディア
Toyokumo inside
月次目標の達成を祝い、八芳園にて記念パーティーを行いました!

月次目標の達成を祝い、八芳園にて記念パーティーを行いました!

2024/05/27


2024年に入り、トヨクモは目標への意識を高めています。

これまで安定したビジネスモデルのもと、設立以来途切れることなく売上高を更新してきました。今期からさらなる成長を求め、より挑戦的な数値目標を掲げ、新たな高みを目指しています。

まさにその目標達成に向けて取り組んでいる最中の2月、初めての月次目標達成を果たしました。

その記念として、八芳園で特別なパーティーを開催しましたので、その様子をお伝えします。

目標達成のご褒美として、パーティーを行いました

トヨクモでは毎月「月次報告会」と呼ばれる、全社ミーティングを行っています。

代表や取締役、そして各チームのマネージャーが月次目標に対する活動報告、それから今後の新しい取り組みについて全社員に共有を行います。

この報告会は全社員が他チームの取り組みや貢献を理解出来るため、組織全体が一体となって目標達成に向かうことが出来ます。

それだけでなく、成功事例も失敗事例も共有することで他チームの学びとなり、組織全体の成長を促す効果もあります。

今回は目標達成のご褒美として八芳園にてパーティー形式で行うことになりました。

この企画は初めての試みとなるため、会場に向かう途中から社員一同は期待に胸を膨らませていました。


会場に到着し、まずは「目標達成おめでとう!」の掛け声のもと、乾杯からパーティが開始されました。

「まさか2か月目に達成するとは思いませんでした…」という冒頭の挨拶に会場が笑いに包まれ、メンバー皆グラスや料理を片手に報告会がスタートです!

若手メンバーも積極的に全社の前で発言します

まずは各チームのマネージャーからの報告で、目標達成した要因を振り返ります。

単に目標達成を祝うだけではなく、継続的な成長に向けて振り返りとすぐに次の手を考えることが重要です。

現在の最年少マネージャーは新卒入社4年目で、リードの獲得を主目的にしたプロモーショングループ(以下プロモG)を統括しています。

プロモGは目標達成の道のりの入口ともなるため、非常に重要な役目を担っています。グループメンバーそれぞれの強みを活かすという方針で、各分野のプロが持ち味を活かせるようマネジメントに奮闘中です。

このように年次を問わず若手メンバーでも全社へ発信をする機会を設け、挑戦と価値役の場を提供しています。


報告会の最後は、大きな挑戦や結果を残した社員に贈られる月間MVP賞の表彰です。

今月は特別編ということもあり過去最多の6名が選出されました。上長から受賞理由の発表後、受賞者たちはスピーチを行いました。

入社1年目のメンバーも受賞し、念願のMVPに喜びながらも今後の抱負やチームへの感謝を話しました。

トヨクモでこれまで積極的に取り組んでいなかった形式のイベント企画を行ったことが大きな受賞理由で、1年目にイベント企画とMVP受賞を目標にしていた彼にとって達成感のある1年の締めくくりとなりました。

月間MVP賞に関しては今月のように複数メンバーが選出されることもあれば、該当者なしの月もあります。また、表彰理由についても誰もが分かるような目立つ成果から、普段はスポットライトを浴びないような日々の地道な積み重ねが評価されるなど、多岐にわたります。

社内メンバーの頑張りに刺激され、各個人/チームが失敗を恐れず新たなチャレンジを行う後押しのためにも今後も継続していきたい制度と考えています。


報告会が終了し、待ちに待った食事の時間です。

豪華な食事とともに業務中には見ることが出来ない一面を垣間見たり、業務で関わりのないメンバー同士の意外な交流など、リラックスしながら交流を深める良い機会となりました。
月に一度このような機会を設けることで、業務に関係なく会社全体でメンバー同士がカジュアルに話すことが出来ます。

目指す姿に向けて、トヨクモは挑戦し、前進します

新しい年の始まりに目標を早々に達成し、2024年を素晴らしいスタートで迎えることができました。

「やるべきことに全力投球出来る環境」を目指し、引き続き社内制度や評価制度などのアップデートを行います。

そうすることで「すべての人を非効率な仕事から解放する」というミッションを達成すべく、トヨクモはこれからも挑戦し、前進してまいります。



この記事をシェアする

この記事に関連する求人情報

採用情報を見る